FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 塾友会 本部
  4. >
  5. 塾友会幹事長便り(第2号)

塾友会幹事長便り(第2号)

塾友会幹事長便り(第2号)

万葉の頃、塾友の皆様益々ご清栄のことと存じます。
塾友会本部等の、主に3~4月の活動を、私の着眼と文責にて記述致します。

 

  1. 塾友会本部役員会を原則月1回開催し、諸課題について議論
    1. 12月2日、1月18日、2月22日、3月15日、4月19日の5回実施済であり、次回予定は5月17日
    2. 当該役員会では、主に3つの重要課題に関する報告(3分科会の内容に関しては後述)
    3. また、分科会以外の報告、連絡、相談も実施
  2. 下記の3つの分科会を立ち上げ協議、検討を開始
    1. 分科会Ⅰ: 会費納入方法
      1. 現在の振込制と並行して自動引落制を検討
      2. 名簿作成準備
    2. 分科会Ⅱ: 広報戦略
      1. コリー新聞およびHPの両立と充実
    3. 分科会Ⅲ: 塾生プロジェクト
      1. 三位一体精神に基づく塾生に対するセミナー開始
      2. 企業研究会(就職活動支援)等の充実化検討
  3. 分科会Ⅰ: 会費納入方法のポイント
    1. 現塾友会収支が継続的に赤字であることを鑑み、会員の皆様のお手数を減らしつつ、より効率的かつ確実に納付して頂ける方法を検討
    2. 一度手続きを実施すると継続的に納付可能なシステムとして、引落制を導入したく検討中
    3. 引落代行業者は、同窓会や愛好会レベルでの成立をみる程の簡便かつ低コストのシステムが社会的に浸透しつつあり、我々も複数社を導入候補として検討中
    4. 5-6月で候補選定予定
    5. また、塾友会の名簿管理に関する今後の運営方針も課題として浮上中
    6. 現在の赤字財政を、より緩和することが急務であり、会費納入方法の効率化の優先度が高いと考えられるも、個人情報保護の観点等からも、名簿管理についても妥当な対策が必要と考えております
  4. 分科会Ⅱ: 広報戦略のポイント
    1. 広報戦略は仮称「コリー新聞およびホームページ(HP)の両立と充実」として立案中
    2. コリー新聞の発刊と皆様への有効な情報提供を続けたいものの、現状の赤字収支の主因はこのコリー新聞発刊に関わる費用
    3. コリー新聞の従来の発刊は希望される方には続けていきたいと考えておりますが、基本的にはHPを充実させることにより、HPを塾友の皆様方の期待に応えられる広報媒体にして参りたい方針
    4. そのために、今後HPがいかにあるべきかを明確にする議論をしております
  5. 分科会Ⅲのポイント: 塾生プロジェクト
    1. 前回の幹事長便りにて、より実践的な企業研究会の開催をお知らせしました
    2. 今回は、基本は同じですが、より幅広い現役塾生のニーズ・要望に合致するような会を開催することが重要と議論したことが、プロジェクトの発端となっております
    3. 現役塾生(委員長クラス3名)との3月24日打合せ実施を踏まえて、「2018年度 対塾生プロジェクト 和敬セミナー」を5月19日(土)に開催致します。
    4. 対象:全塾生
    5. 告知方法:各寮委員長経由による連絡と各寮貼り出しポスター
    6. 目的:和敬塾OB 5,000名超の人材の厚さを活用し、塾生に社会の幅広いテーマをセミナー形式で双方向のコミュニケーションを重視した会を開催。継続して実施し、塾生の視座を高めてもらうことを期待
    7. 時間帯:16:00-17:30
    8. 時間配分イメージ 1時間プレゼン 30分質疑・意見交換
    9. 第1回目和敬セミナー 5月19日(土) 「人事部長の本音」〜事業ミッションから見る人材用件~
      1. 演者: 大手食品会社 常務執行役員 吉宮由真 北寮58年卒
      2. 今後も現役塾生の反響を鑑みながら、改善、継続したいと考えております
    10. セミナーテーマ設定にあたっては、和敬塾OBの幅広い活躍を念頭に、地方OBからの出講、一隅を照らすOBなど広くテーマは集めたい、とも考えております
    11. 期待する更なる効果
      1. 他の学生寮にない和敬塾の強みを、現役塾生は元より、OB、高校などに広める
      2. 和敬OB講演者の出番を多く作り、OBネットワークの再活性化を目指す
    12. 第2回以降も、大澤尚氏(南寮58年卒; コンテンツ・プランナー㈱エグゼクティブ・アドバイザー)による講演を予定しており企画検討中
    13. 古閑善丈さん(北寮平成16年卒)、山崎紘彰さん(北寮平成28年卒)なども参画し、牽引して貰っております
  6. 第59回ホームカミング大会の開催
    1. 今年度は、10月27日(土)開催
    2. 月1回のペースで、S63年卒の花原実行委員長を中心に検討を実施中
    3. 大会スローガン、「人生100年時代 “AIでよみがえれ青春プレイバックPart2”」
    4. 講演者は、北寮60年卒;日本IBMワトソン事業部長;吉崎敏文さんに内定
    5. 講演テーマはAI(人工知能)に関する内容で、企画を進めております
    6. 演者の元に、花原さんと有賀さん(共にS63北)が出向かれ、内容を吟味しております。
    7. 以上、御期待下さい! 皆様の幅広い御来塾を期待しております。また、次刊のコリー新聞をご参照ください
  7. 第60回ホームカミング(HC大会)に関しての検討
    1. 2019年度のHCを、60回目の記念大会として捉えられる方々のニーズが有ることを認識
    2. 一案としては、顕著な出費無しでの、御家族も参加頂けそうな工夫も検討したいと考えております
    3. 諸先輩の御意見も伺っておる最中です
    4. 何かアイデア等、ありましたら、御連絡宜しく御願いします
  8. コリー新聞発刊につきまして
    1. 5月25日発刊目途で編集中です。発刊に関しては、石川前幹事長、島田前副会長に、たいへんお世話になっております
  9. その他イベント
    1. 第25回和敬塾囲碁名人戦(塾友会本部・首都圏支部共催)。詳しくは別途本HPに掲載しております
    2. 日時:平成30年7月7日(日) 午前9:45集合(受付、組合せ)
    3. 棋戦:10:00~16:00  表彰式・懇親会 16:30~18:00
    4. 会場:日本棋院・有楽町囲碁センター
    5. 住所:(〒103-0028)東京都千代田区有楽町2-10-1 交通会館9階 JR有楽町駅 京橋口、中央口正面のビル
    6. TEL:03-6269-9133
    7. 参加資格:塾友・塾生・塾職員・塾関係者及びそのご家族などで主催者承認の者
    8. 競技方法:名人戦、Aクラス、Bクラスに分かれての対戦です。
  10. 会計引継ぎの件の報告
    1. 宮原さん(S51西)から、前田さん(S59北)への引継ぎは、ほぼ終了
    2. 三原さん(S58北)が、これをサポート
  11. 直近の主な予定
    1. 5月17日  :次回の本部役員会
    2. 5月19日  :次回のHC実行委員会
    3. 5月19日  :2018年度 対塾生プロジェクト 和敬セミナー(第1回)
    4. 尚、小生は、5月19-20日開催の 「和敬平成ネットワーク交流会」(中部・北陸・関西支部若手交流会)
    5. 6月2-3日野開催の関西・中国・四国支部合同事業(旅行)に、参加予定です。 是非、諸支部の多様な方の御意見を頂きたく思っております。

以上を御報告します。 何かコメント等ございましたら、御意見宜しくお願いします。

 

和敬塾塾友会本部 幹事長
北寮58年卒 田村幸永

ページのトップへ戻る