FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 塾友会 本部
  4. >
  5. 全国代表者会議
  6. >
  7. 全国代表者会議 議決権所有者に関する改訂案つきまして

全国代表者会議 議決権所有者に関する改訂案つきまして

全国代表者会議 議決権所有者に関する改訂案つきまして
~塾友会「縦糸横糸」での活性化の精神から、横糸たる同期会代表者の全国代表者会議参加に関しての、今後の進め方について~

塾友会 田村幸永 北寮58年卒

1.経緯
1)昨年の全国代表者会議(2017/10/29)にて、塾友会規則が改正され、塾友会本部役
員と、各支部代表が、実質的に議決権を持つ総会参加者であって、同期会代表はオ
ブザーバー参加とされることとなりました。

2)この会則が改正されるに至った理由は、同期会代表者の数が年々増加する一方、総会に出席する同期会代表者の比率が傾向的に低下して、定足数の確保が難しくなり、このため、同期会代表者の中から常任委員を選出する制度を導入してみたが、これも現実には機能しなかったことであると考えます。

3)縦糸(所属支部)横糸(所属学年)とした時、無論,縦糸のしっかりした運営は重要ですが、横糸としての議決権のない参加では、バランス上、問題があると考え、改善案を考えております。

2.実施したいこと
1)現塾友会執行部として、上記バランスを改革したい姿勢を示す。妥当な改訂案があれば、2018年10月の全国代表者会議にて、当該改訂案を規約に入れていく方針を提案し、この可否を議決したいと考えております。
2)本趣旨を、コリー新聞ならびに塾友会HPにて示し、叩き台案を添えて、公募したいと考えておる次第です。

3.改正案を下記(1)~(4)の手順で進める
・10月28日の全国代表者会議で、少なくとも方向性/方針を決めたいと考えます。
(条文レベルに至らなくとも、という意味で方向性/方針と書きました)
(1)[前提]:現状、塾友会会則第20条第1項にて、構成員は「支部代表」と「本部
役員」であること。 (即ち、同期会代表はオブザーバーであること。)
(2)[改革手順の明確化] まずは、改正案を公募いたします。
改定案やご意見等は、ぜひ、塾友会事務局にお寄せ下さい。
塾友会本部事務局:東京都文京区目白台1-21-2
TEL 03-6912-1278  FAX 03-6912-1279
Eメール jukuyukai@mte.biglobe.ne.jp
(3)全国代表者会議(通称;総会)で示したい案は、基本1つにしたいと考えており
ます。可能ならば、1つの案として 全国代表者会議で可否を問いたいと考えてお
ります。

4.横糸の活性化の更なる推進
・今回の提案とその遂行から、横糸の立付けを明確にし、これを縦糸にも負けない位
に太くしていくためには、塾友会会員名簿や、HPでの企画や工夫を連続して行い、
活性化に繋げたいと考えております。

5.叩き台案(私案)
~無論、当該叩き台案に、拘るわけでなく、とにかく、横糸縦糸状況を実質的に
復活させたいと考えておることを理解御願いします。~

横糸定数 対 縦糸定数を1対1の同数を基本とする。 全国代表者会議(通称;
総会)参加者の定数は、支部代表者数と学年代表数(最大で)を揃えたいと考えま
す。
2)現支部代表者数は、25名(注記1)になります。よって、横糸の同期会代表者数も
最大25名とする。
⇔注記1;塾友会会則第20条第3項により
・「支部代表は首都圏支部10名、関西支部2名、その他の支部1名」
・「支部代表」 各支部とは、私の持っている一覧表を正としまして、首都圏
(10名)、北海道、東北、新潟、群栃、茨城、長野、山梨、北陸、静岡、
中部、関西(2名)、中国、 四国、九州の計15支部 計25名参加可能
3)定足数、定員の1/2以上等の、従来規程は変えません。
4)同期会代表は、当日出席者数を数え、25名以上の場合。妥当な方法で、議決権の数は25名に限ることとし、残りの方は オブザーバー扱いとさせていただきます。
別途、同期会幹事の委任状が多数来ても、最大25名の考え方は遵守。
☆当日参加者+委任状数が、25名未満の場合、その実数(仮に22名なら22名)
でカウント。

5)さらに運営に関わる詳細を、たたき台として、下記のように考えております。
・同期会代表として総会に出席しようと思う方は、事前に本部宛に連絡して頂く。
(総会開催の情報は、コリー新聞とHPを見ればわかる)
そして、同期の中でダブっている人を除いて 議決権者として登録する。
・同じ寮の同期が二人以上出席登録したい、と言ってきたら、一人に絞って頂く。
・「委任状(メールでも可、とする。)出席」、というのは、同期会代表につい
ては、難しいかも知れないと考えてます。議長への委任は可能か懸案中。
・同期の誰かに代理出席してもらう、は認める。
・出席した人は、仮に議決権を持たないことになった場合であっても、議長の了
解を求めて、会議の場で発言することはできる。
・また、出席はできないが、(同期会を代表して)意見を言いたい、という人に
は、書面(メールも可。)で意見を送ってきてくれれば、総会で紹介する、と伝
えておく。(コリー新聞及びHPに前もって記載しておく)

以上を考えております。

なお、昨年度の全国代表者会議の場で、承認されました塾友会規則の改正に関して。修正案を示されました、薦田隆成様(S44北)とも協議済みです。

よろしく御理解の上、ご意見等を、ぜひ事務局まで頂きたく存じます。 本件は、田村が担当させて頂きます。

ページのトップへ戻る