FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 塾友会 本部
  4. >
  5. 塾友会幹事長便り(第4号)

塾友会幹事長便り(第4号)

塾友会幹事長便り

 

塾友の皆様へ
晩秋の折、塾友の皆様、益々ご清栄のことと存じます。 また平素からの御活動、御協
力、誠に有難うございます。
 
塾友会本部等の主に8~10月の活動を、小生の着眼点と文責にて記述致します。この
3ケ間の活動は、10月27日のホームカミング大会の開催サポートと、次日10月28日の
全国代表者会議の準備と開催が主体となりました。
 
<第29回ホームカミング(HC)大会につきまして>
第29回ホームカミング(HC)大会に関しましては、S63年卒の塾友主体に実行委員会が結成され、極めて頑張って頂きました。実行委員会の皆様には、厚く感謝致します。
心配された当日の天候にも恵まれまして、当日200人強の参加を頂きました。大会スローガンは、花原実行委員長肝入りの「人生100年時代 AIでよみがえれ 青春プレイバックPart2」でした。
 
午前の基調講演は、北60卒の吉崎敏文さんに御願いしまして、AIの現状や可能性につきまして、熱く判りやすく語っていただきました。 その後のパネルディスカッションでは、会長以下の塾友の他、現役塾生3名にも参加して頂き、幅広い議論の展開があり、非常に活発で興味深いものになり、心から嬉しく思っております。
午後の懇親会は、アマンダ・コスタさんらのボサノヴァ&サルサの歌声に迎えられました。例年のように、あちこちが談笑の場となり、穏やかで静かな時間が過ぎて行くように感じました。
私は北寮出身ですので、その後の北悠会も含めて、昔に返り、非常に楽しく懐しい時を過ごさせて頂き、関連する皆様に感謝申し上げます。
詳細は、コリー新聞等でご紹介させて頂く予定です。
 
 
<平成29年度全国代表者会議につきまして>
端的に言いますと、議案1から8までの全議案を承認頂きまして、誠にありがたく思っております。詳細は、次刊のコリー新聞に掲載致したいと思います。

 
議案1,2は、平成29年度の決算報告についてでした。前回の決算が約105万円の赤字,今回の予算が71万円の赤字でありましたが、何とか9千円の赤字に抑えることが出来ました(ただ、未だ赤字は赤字です)。
この主要因は塾友会費を支払って頂いた方が、前年度比209人も増えたことによります。 塾友の皆様には厚く御礼申し上げると共に、引き続き是非宜しく御願い致したいと存じます。

 
議案3,4は、平成30年度の予算に関するものでして、今回は3万円強の黒字予算にしております。この予算で今年度も有意義に活動したいと、本部役員会は考えております。
 
議案5は、塾友会個人情報の取扱に関するもので、その骨子は2018年9月10日号にお示しいたしました。可決させて頂きましたので、2017年5月の改正個人情報保護法に則りこれを運用しまして、新たな塾友会名簿の作成準備作業に繋げて行きたい所存です。
 
議案6は、塾友会費納入手段の拡充(口座引落方式の採用)についてです。現行の振込方式と並べまして、各塾友の選択を御願いしたいと存じます。 口座引落方式の利点は、決まった日に入金があるため、入金管理が簡単。 ②未払い、支払い遅延が少ない。継続率が比較的高い。 ④幅広い金融機関が適用できる。 であることです。
塾友の皆様の御活用を是非御願い致します。
 
議案7は、全国代表者会議における代表者構成についてです。その骨子は当該HPやコリー新聞2018年9月10日号にお示し致しております。 議決権所有者としまして、現行は支部代表と本部役員から構成されておりますが、これに同期会代表を支部代表と同数加えようというものです。 会則の改正に当たりますから、委任状を含む出席者の3分の2以上の賛成が必要ですが、可決していただきまして、塾友の多くが同期会代表の存在を望んでいることはよくわかりました。今後、細則をも確定させ、多様な立場の塾友の皆様にもご納得して頂ける形にして行きたいと考えております。
 
議案8は、塾友会本部人員の追加選任の改訂の件でして、次刊コリー新聞に示させて頂
きます。

 

引き続き、塾友の皆様の暖かい御理解,御支援を頂きたく、宜しく御願い致します。

北寮58年卒塾 田村幸永

ページのトップへ戻る