2018年10月27日(土) 第29回 ホームカミング大会開催の御知らせ

2018年10月27日(土) 第29回 ホームカミング大会開催の御知らせ

大会スローガン
『人生100年時代 “AIでよみがえれ 青春 プレイバックPart2”』

OBと在塾生がAIを語り、それぞれの人生の“未来予想図Ⅱ”を描く!

第29回和敬塾ホームカミング大会を10月27日(土)に開催いたします。
今年の大会スローガンに乗って、百恵さんの名曲をイメージしながら和敬塾が与えてくれたものを現役塾生とともに振り返り、和敬塾にこうして再び集う意味を考え、100年時代に突入したそれぞれの塾友の人生の第2楽章のヒントとなり、「未来予想図Ⅱ」を描いていただければと思います。

講演会第一部では、IBM㈱の執行役員で世界のAIを牽引してきた「ワトソン」事業を率いる吉崎敏文氏(60年北寮卒)から、「AIで拡がるビジネスの可能性と社会にもたらす変革」について、グローバル、また日本の最新事例を交え、これからの企業の在り方や社会へのインパクトについて、将来のテクノロジーにも触れながら、分かりやすくお話いただく予定です。
これに続く講演会第二部では、塾友会(委員長、吉崎氏ほか)、そして現役塾生にもご登壇いただき、AIと人間との関係について、その中で各世代でどうやって生きていくのか、そしてその中での和敬塾の意義や価値の再発見といったテーマで激論をぶつける予定です。

また懇親会では、毎年恒例の豪華賞品お楽しみ大抽選会に加え、ボサノヴァ&サルサ歌手でセクシーでチャーミングなアマンダ・コスタさんがブラジルの情熱の風を届け、HC大会に花を添えてくださいます。「ダンパ」を思い出して一緒に踊り出すもよしです。

今年の主幹事は卒塾30年を迎える昭和63年卒生-昭和最後の私たちが平成最後となるホームカミング大会を盛り上げますので、同期のみなさんお誘い合わせの上、奮ってのご参加をお待ちしています。
卒業10年ごとの区切りとして、卒塾50周年の昭和43年卒塾者(無料ご招待)の皆様はもちろんのこと、昭和53年卒塾者(卒塾40周年)、昭和63年卒塾者(同30周年)、平成10年卒塾者(同20周年)、平成20年卒塾者(同10周年)の皆様、さらには塾友会1年生の平成30年卒塾者(今年は無料ご招待)も、是非ご参加ください。

第29回 和敬塾HC大会 式次第
10:00 受付開始[学生ホール・会食室]
11:00 式典開会[大講堂]
物故者追悼
主催者挨拶 金田一弘雄 塾友会会長
祝 辞 前川 正雄 和敬塾理事長
塾歌斉唱
11:20 講演会 第一部(基調講演)[大講堂]
日本IBM㈱ 執行役員ワトソン事業部長 吉崎 敏文氏(S60北)
「AIで拡がるビジネスの可能性と社会にもたらす変革」
12:10 休 憩
12:20 講演会 第二部(パネル討論)[大講堂]
ホームカミング実行委員長
塾友会代表、在塾生代表
13:10 閉 会
13:30 懇親会 開宴
ミニライブ:ボサノヴァ&サルサ歌手 アマンダ・コスタ
お楽しみ抽選会 ほか
[本館庭園、雨天時:学生ホール食堂]
15:00 閉 会

会費の事前振込≪割引あり≫ 10/19(金)迄
第29回HC大会会費のお知らせと寄付のお願い
〔会費〕
・一般(当日払い) 5,000円 同伴家族は無料
・一般(事前振込) 4,500円 期限10月19日(金)振込まで
※HC当日の受付および大会準備の円滑化のため、会費の事前振込にご協力ください。
・昭和43年卒塾者・同伴家族 ご招待 会費はございません。ご来駕をお待ちしています。
・主幹事(昭和63年卒) 10,000円 同伴家族は無料
・新卒生(平成30年卒) ご招待(無料) 塾友会へようこそ!これからも和敬とつながって
 いきましょう! 今年は無料にしました
・現役塾生、保護者 ご招待(無料) 現役塾生の皆さん、各界で活躍の先輩方と交流を
 深めませんか
〔振込先〕
三井住友銀行 笹塚支店 普通預金 0513815
名義:和敬塾 塾友会 ホームカミング 代表 花原克年(ハナハラ カツトシ)
※振込人が分かるように必ず卒塾年と寮を明記してください
例)63キタ ハナハラカツトシ
※誠に恐れ入りますが、振込手数料はご負担をお願いいたします

〔寄付のお願い〕
遠地や仕事などでHC大会に参加できない塾友の皆様、ご寄付で大会の盛り上げに協力いただけないでしょうか。ご賛同いただける方は、上記振込先まで寄付金(できれば5千円以上ですとありがたいですが、1口千円で何口でも)をお振込みいただきますようお願いいたします。

【懇親会協賛品ご提供のお願い】
塾友の皆様に懇親会の協賛品のご提供をお願い申し上げます。故郷の名産品自慢、事業のPRをしていただいても結構です。会場でご紹介させていただきます。皆様の温かいご協力をお願い申し上げます。10月18日(木)必着で、塾友会本部あてにお送りください。
〒112-8682 東京都文京区目白台1-21-2
公益財団法人和敬塾内 塾友会本部事務局気付
2018HC 協賛品係

第29回ホームカミング大会実行委員
昭和63年卒
北:花原 克年(委員長)、有賀 文威、石井 希典、工藤 俊治、山田 哲
西:中島 哲也(副委員長)、牛飼 昇晃、大澤 裕、春田 諭
南:滝 文男(副委員長)
平成10年卒
北:太田 充俊

ホームカミング大会の最新情報は、塾友会のホームページにてお知らせいたします。
〔検索〕 和敬塾 塾友会  でクリック

(以上)

北悠会のお知らせ、10/28(土)HC後

北悠会開催のお知らせ

来る10月28日(土)のホームカミング後に、恒例の北悠会を開催します。

北寮OBの皆さま、お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
現役の北寮生、乾寮、巽寮の参加も歓迎します。

  • 日時:10月28日(土)15:30- HC終了後から
  • 会場:日本女子大学 桜楓2号館3F 303, 304号室
  • 参加費:5,000円(現役生は無料)
  • 幹事:平成6年北寮 荒谷尚志

首都圏支部 幹事長
平成16年北寮 古閑 善丈

昭和62年卒の皆様へ 和敬塾ホームカミング大会への参加および協賛ご協力のお願い

平成29年9月吉日

昭和62年卒 各位

第28回 和敬塾ホームカミング大会 参加および協賛へのご協力のお願い

謹啓 爽秋の候、昭和62年卒の皆様におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
さて、今年は10月28日(土)に、第28回和敬塾ホームカミング大会を開催いたします。
大会スローガンは「未来につなぐ、和敬の絆」です。本年は、我々年次が幹事年の大会であり、初の試みとして、現役塾生参加のパネルディスカッション(講演会第一部)や塾生を交えた懇親会を企画しております。
また、講演会第二部においては、「はやぶさ」プロジェクトマネージャを務められました宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授の川口淳一郎氏のご講演を頂く予定であります。

 

まずは、是非ご出席の上、本ホームカミング大会がよき再会の場となり、楽しいひと時となることを切望致します。
尚、よろしければ、協賛として景品のご協力をお願いいたしたく、ご出席のお願いと併せてご連絡申し上げた次第でございます。誠に恐縮ではございますが、宜しくお取り計らいのほど何卒お願い申し上げます。

 
謹白

 
Ⅰ]スケジュール 開催日時: 10月28日(土)
10:00  受付開始
11:00  式典開会     場所:大講堂
11:20  講演会第一部(パネル討議)
12:10  休憩
12:20  講演会第二部(講演)『大学生と社会人との絆や技術継承及びリーダーシップ』宇宙航空研究開発機構(JAXA)川口淳一郎教授
13:10  式典閉会
13:30  懇親会開宴     場所:本館庭園(雨天時:学生ホール食堂)
15:00  懇親会終了予定
 
Ⅱ]参加費(当日出席出来ない方は参加費をご寄付頂けると幸いです。)
主幹事年(昭和62年卒):10,000円(同伴家族は無料)

 
<参加費・寄付金振込先> 当日の現金での受付も行っております。
三井住友銀行 笹塚支店 普通預金 0513815 名義 和敬塾 塾友会 ホームカミング 代表 鈴木昇
ワケイジュク ジュクユウカイ ホームカミング ダイヒョウ スズキノボル
※振込人がわかるように学年と寮を明記してくさい。   例:62ニシ ワケイタロウ
※大変恐れ入りますが、振込手数料は各自ご負担頂きますようよろしくお願い申し上げます。

 
<協賛品(ビンゴ景品)送付先> 送付日(着日)  平成29年10月26日(木)
〒112-8682東京都文京区目白台1-21-2和敬塾内 塾友会本部事務所気付 2017HC 協賛品係

以上

平成29年 ホームカミング講師のご紹介

平成29年 ホームカミング講師プロフィール

 

『川口(かわぐち) 淳一郎(じゅんいちろう) 』
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)
シニアフェロー
宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 教授

【経歴】
宇宙工学者、工学博士。1978年 京都大学工学部卒業後、東京大学大学院工学系研究科航空学専攻博士課程を修了し、旧文部省宇宙科学研究所に助手として着任、2000年に教授に就任。
2007年4月から2011年9月まで、月惑星探査プログラムグループ プログラムディレクタ (JSPEC/JAXA)、1996年から2011年9月まで、「はやぶさ」プロジェクトマネージャを務める。
現在、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(ISAS/JAXA) 宇宙飛翔工学研究系教授、2011年8月より、シニアフェローを務める。
ハレー彗星探査機「さきがけ」、工学実験衛星「ひてん」、火星探査機「のぞみ」などのミッションに携わり、小惑星探査機「はやぶさ」では、プロジェクトマネージャを務めていた。

著書:
『人工衛星と宇宙探査機』(コロナ社),
『航空宇宙における制御』(コロナ社),
『ビークル 』計測・制御テクノロジーシリーズ(コロナ社)
はやぶさ、そうまでして君は~生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話(宝島社)
カラー版 小惑星探査機はやぶさ ―「玉手箱」は開かれた (中公新書)
「はやぶさ」式思考法 日本を復活させる24の提言 (飛鳥新社)
閃く脳の作り方 飛躍を起こすのに必要な11のこと (飛鳥新社)

 

 

『東(ひがし) 哲一郎(てついちろう)』
1993年「カルシウムが足りない(ダウンタウンDXテーマ曲)」でデビュー。スポーツボイスを開発し、全国の音楽・健康施設でボディ&ボイストレーニングを主催。「恋の要介護No5」は、どうしても避けては通れない高齢化社会問題、当事者だけでなく介護に関わる全ての人々を勇気づけ、明るい未来を開くために書いた渾身の一曲。

10月28日(土) HC大会 大会スローガン『未来につなぐ、和敬の絆』

10月28日土HC大会
大会スローガン『未来につなぐ、和敬の絆』

OBと在塾生が「和敬の絆」を語る!
JAXA川口淳一郎先生(「はやぶさ」プロジェクトマネージャ)の御講演も!

在塾生・保護者の方もどうぞお越しください。
 
 第28回和敬塾ホームカミング大会を10月28日(土)に開催いたします。
大会スローガンは、「未来につなぐ、和敬の絆」です。「国をおこし、世を清め、・・・。」という塾父・前川喜作氏の志から始まった和敬塾。

各年代、各寮、そして塾生一人一人によって育まれてきた和敬塾の思いや絆を、現塾生と共有しながら未来へ繋げてゆきたいと思います。
 
 これにちなみ、今年のホームカミング大会では、講演会第一部において現役の在塾生も参加したパネルディスカッションを計画しております。
塾友のみならず、在塾生の皆さんにも記念事業、そして懇親会への参加を大歓迎いたします。
 
 また、記念講演には、宇宙航空研究開発機構(JAXA)教授で「はやぶさ」プロジェクトマネージャを務められました『川口淳一郎先生』にお越し頂き、「大学生と社会人との絆や技術継承、そして、リーダーシップ等」についてのお話を頂く予定であります。
さらに、懇親会では、毎年恒例の豪華賞品大ビンゴ大会に加え、岩戸崇氏(61年西寮卒)がバンドに参加している「恋の要介護No5」でお馴染みの『東哲一郎』のミニライブも開催予定でございます。
 

実行委員は、昭和62年が主幹事、昭和52年、平成9年、平成19年が幹事となっています。
朝日照りそう目白が丘の和敬塾にて、多くの「ただいま」の声に、より多くの「お帰りなさい」でお応えしたいと思っております。皆様のお越しを心よりお待ち申し上げます。
 
主幹事実行委員(昭和62年卒)
委員長:鈴木昇(西)、副委員長:兎束哲夫(南)、野口英彦(南)、盛田洋(北)
 
 
第28回 和敬塾 ホームカミング大会式次第
 
10:00 受付開始 (学生ホール・会食室)
11:00 式典開会 (大講堂)
物故者追悼
主催者挨拶  柳川邦衛 塾友会 会長
祝 辞    前川正雄 和敬塾 理事長
塾歌斉唱
11:20 講演会第一部(パネルディスカッション)(大講堂)ホームカミング実行委員長、塾友会代表、在塾生代表
12:10 休憩
12:20 講演会第二部(記念講演)(大講堂)講師 川口淳一郎先生
13:10 閉 会
13:30 懇親会開園(本館庭園・雨天時:学生ホール食堂)

 
————————–
懇親会協賛品ご提供のお願い
塾友の皆様に懇親会の協賛品の提供をお願い申し上げます。故郷の名産品自慢、事業のPRをしていただいても結構です。解錠でご紹介させていただきます。皆様の温かいご協力をお願い申し上げます。塾友会本部宛にお送りください。
 

〒112-8682 東京都文京区目白台1-21-2
公益財団法人和敬塾内 塾友会本部事務局気付
2017HC 協賛品係
 
—————————-

 
会費の事前振り込み10/20(金)迄です。
第28回ホームカミング大会会費のお知らせと寄付のお願い
<会費>
・一般(当日支払い):5,000円(同伴家族は無料)
・一般(事前振込):4,500円(期限10月20日(金)振り込みまで)
※HC当日の受付及び大会準備の円滑化のため、会費の事前振込にご協力ください。
・昭和42年卒塾舎:ご招待
(会費はございません。ご来駕をお待ちしております)
 
・主幹事(昭和62年卒塾者):10,000円(同伴家族は無料)
・平成29年卒塾者:2,000円
(新卒の皆さん、是非おいでください)
・現役塾生・保護者:ご招待
(現役塾生の皆さん、是非、各界でご活躍のOBの先輩か方交流を深めてください!なお、大学3年未満の方は飲酒できません)
 
<振込先>
三井住友銀行 笹塚支店 普通預金 0513815
名義 和敬塾 塾友会 ホームカミング 代表 鈴木昇
ワケイジュク ジュクユウカイ ホームカミング ダイヒョウ スズキノボル
※振込人がわかるように卒塾年と寮を明記してください。
例: 62ニシ スズキノボル
※大変恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。
 
<寄付のお願い>
遠地で参加はできないが寄付でご協力いただけるという塾友の皆様におかれましては、上記振込先まで寄付金をお振り込み頂きますよう、何卒よろしくお願いいたします。

2016年 北悠会が今年も開催されました

今年も楽しく北悠会が開催されました。

その一幕をご紹介します。

また来年、元気にお会いしましょう。

北悠会いつもお元気な青木さんと中村さん、手羽先食べてる福田さん、そして山岸さん(青木さん横、弁護士)

北悠会

ダーキーさんと談笑する玉山さん、高村さん、堤さん

北悠会

宮下さんにご挨拶する齊藤さんと、またもや手羽先を食べる福田さん

北悠会

みんなで塾歌を熱唱!

北悠会

飲みすぎたにゃ(いつも)
記憶は14時頃からありません。。

それでは、また!!

 

H16北
首都圏支部
幹事長
古閑 善丈

2015年 第26回ホームカミング大会(10/31)開催のお知らせ

■第26回ホームカミング大会を10月31日(土)に開催!

既にコリー新聞でご案内のとおり、今年のホームカミングは、和敬塾創立60周年、塾父生誕120年の記念の年になります。
大会スローガンは「創立60周年:歴史と伝統、そして未来へ」。塾友の皆様には、これまでの和敬塾の歴史と伝統を振り返るとともに、未来への展望を語り合える機会としていただきたく、ご来駕をお待ちしております。

今回、ご参加の皆様、またご都合により参加できない方でご寄付いただいた皆様には、記念品をご用意しました。
和敬塾創立前史にまつわる前川昭一塾長の手記をまとめた小冊子、ならびに特製記念クロスです。小冊子では、これまであまり知られていなかった和敬塾創立に至る塾父の活動の一端を窺い知ることができ、和敬塾の意義を改めて見直す機会となることでしょう。

式典では、和敬塾前史に関わるお話を塾長からいただき、和敬塾の60年を振り返った後、未来に向けて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 副事務総長 布村幸彦先輩(S52北)に記念講演をいただきます。

是非、同期だけでなく、各支部で先輩、後輩にお声かけいただき、多くの皆様にご参集いただきたく存じます。よろしくお願い申し上げます。

第26回ホームカミング大会実行委員会
委員長  東 貞成(S60北)
副委員長 吉崎敏文(S60北)

■出欠はがき、会費等のお知らせ
<出欠はがき期限> 10月9日(金)まで到着するようにお願いします。

<会費>
○一般当日:5,000円(同伴家族は無料)
○一般事前振込:4,500円 <期限:10月23日(金)振込みまで>
当日の受付および大会準備の円滑化のため、会費の事前振込にご協力ください。
○昭和40年卒塾者:ご招待(会費はございません。ご来駕をお待ちしております。)
○主幹事昭和60年卒塾者:10,000円
○平成27年卒塾者:2,000円(新卒の皆さん、是非いらしてください。)

<振込先>
三井住友銀行 笹塚支店
普通預金   0513815
名義  和敬塾 塾友会 ホームカミング 代表 東貞成
(ワケイジュク ジュクユウカイ ホームカミング ダイヒョウ ヒガシサダノリ)
※振込人がわかるように明記してください。
(例:60キタ ワケイタロウ)
※大変恐れ入りますが振込み手数料はご負担ください。

<寄付のお願い>
遠地で参加はできないが寄付でご協力をいただけるという塾友の皆様におかれましては、上記振込先までご寄付を何卒よろしくお願い申し上げます。コリー新聞ホームカミング大会報告号に大会記念品を同封させていただきます。

<懇親会協賛品ご提供のお願い>
塾友の皆様に懇親会の協賛品ご提供をお願い申し上げます。故郷の名産品自慢、事業のPRをしていただいても結構です。会場でご紹介させていただきます。皆様の温かいご協力をお願いいたします。塾友会本部事務所あてにお送りください。
〒112-8682 東京都文京区目白台1-21-2
公益財団法人 和敬塾内 塾友会本部事務所気付 2015HC 協賛品係

10月25日はホームカミング大会です!

10月25日はホームカミング大会です!

 

第25回ホームカミング大会を10月25日(土)に和敬塾で開催します。

テーマは『和敬塾は「まほろば」、今一度 心に和敬塾を!』です。

 今回は、昭和59年卒の卒塾生が主幹事となって準備を進めております。

10月14日現在で出席の回答をいただいている皆様のお名前を掲載しますので、懐かしいお顔に再会するためにぜひ足をお運びください。

 

○ 当日の次第は、次の通りです。(予定)

受付開始 午前9時30分

第1部 式典開会  10時30分  大講堂

開会

物故者追悼

主催者挨拶   塾友会会長 柳川邦衛(S33南)

祝辞      和敬塾理事長 前川正雄

塾歌斉唱

第2部 記念公演  11時00分  大講堂

祝辞      和敬塾塾長 前川昭一

松坂慶子さん朗読劇「額田王と吉野」~和敬塾特別版

主演 松坂慶子さん

篠笛 鳳声智晴さん 又は 植松容子さん

解説 上野誠(S59北)

第3部 懇親会   12時30分  本館庭園

(雨天の場合は食堂、また雨天の場合は準備のため開宴が少し遅れます)

※式典終了後、講堂からそのまま会場にお移りください。

開宴

主催者挨拶   実行委員長 新保英樹(S59西)

来賓代表挨拶  和敬塾専務理事 佐藤一義

  乾杯

祝宴・抽選会

来年の決意表明(S60卒塾代表)

 

 

 

 

 

 

 

○ 第25回 ホームカミング出席予定者(平成26年10月14日現在)

北寮 南寮 西寮
石井健三 S34 伊藤栄彦 S32 松原達哉 S33
木内正二 S34 柳川邦衛(藤田) S33 新村鋭男 S34
鳥山英二 S36 片岡 隆 S34 竹内利夫 S34
小寺洋一 S36 飯塚文夫 S34 梅田 要 S35
高井 浩 S36 弓削純一 S34 西村正彦 S36
萩野隆市 S37 加島鐐司 S36 村山昌弘 S36
細谷昌平 S37 野末明世 S36 稲本義久 S37
古屋 力 S37 松本洋一 S36 比果雅次 S37
松崎松平 S38 小野勝男 S36 斎藤朋久 S39
三宅章介 S38 海鋒博茂 S36 北野克樹 S39
武田與光 S39 海崎弘之 S36 平島博行 S39
池田泰雄 S39 四宮義之 S37 工藤 晃 S39
紅林一彦 S39 山口剛弘 S37 津村勲夫 S39
岡安宏真 S39 中村陽一 S38 浦辺太郎 S40
中村隆輔 S40 岸上 澈 S39 野村俊彦 S40
栗原直武 S40 酒井陸紀 S39 丸茂博史 S41
石川信介 S40 関根健治 S39 石井利典 S42
青木邦夫 S40 綱島佑吉 S39 川崎清明 S42
青柳義雄 S40 近森 新 S39 平田春生 S42
槇野 彬 S41 阿部紀一 S39 阿部雄次 S44
能登 崇 S41 佐々木眞 S39 笠原 裕 S45
岸本堅太郎 S42 幡鎌武夫 S39 早川浩明 S45
立野嘉之 S42 吉岡豊秀 S39 加茂隆夫 S45
松浦 宏 S42 本庄昭郎 S40 長尾梅太郎 S49
岩城本臣 S44 岡本泰治 S40 堀江祐介 S49
瀬川隆生 S46 田丸道雄 S40 河野秀昭 S49
富田康行 S46 都筑 興 S41 島田元幸 S50
保坂幸博 S46 澤田 学 S41 田中 稔 S51
竹尾道助 S47 古谷徳男 S42 宮原洋一郎 S51
柴田恭秀 S47 笠原將敏 S45 仁志正樹 S52
高橋功二 S49 山本博之 S45 椎名 功 S54
畦地政信 S51 斎藤忠一 S45 宮川純一 S55
井上隆史 S51 下荒地修二 S45 山本 茂 S55
安川啓利 S52 守田俊介 S45 高西淳夫 S55
金子富雄 S52 渡辺 誠 S45 西崎真次 S56
吉海泰至 S53 前田剛志(剛) S46 瀬尾元一郎 S57
田中明彦 S53 田中省吾 S52 大澤 尚 S58
米村 哲 S56 楠 雄一 S53 新保英樹 S59
平見勇雄 S58 中岡宏友 S53 森本雅司 S59
松岡正樹 S58 横山 章 S55 玉井 裕 S59
山田泰司 S58 小田一秀 S57 藤 和彦 S59
松下浩一 S58 松本康広 S57 北村俊一 S59
田村幸永 S58 青井賢司 S57 柴田裕生 S59
吉宮由真 S58 小崎雅也 S57 堤 浩一 S59
上野 誠 S59 田中一朗 S57 大元宏朗 S59
岩田耕一 S59 久野哲男 S58 笠原敏弘 S60
竹下 努 S59 北浦正人 S58 井手博文 S60
武田佳典 S59 木村和敬 S58 山白 敦 S60
永井達也 S59 豊田茂穂 S59 阿部芳典 S60
前田裕造 S59 浅井政彦 S59 井出博文 S60
黒木 茂 S59 長崎耕三 S59 伊大知達也 S60
桜井浩志 S59 水野淳一郎 S59 沖垣佳宏 S60
鳴川雅也 S59 吉村 明 S59 小高得央 S61
柳沢 剛 S59 平岡宏一 S59 鈴木 昇 S62
西元 誠 S59 佐藤達夫 S59 立川哲哉 H01
早川雅司 S59 東家文生 S59 齊藤一郎 H04
立野裕一 S59 岩本隆一郎 S59
手塚経彦 S59 武貞達彦 S59
小古井武夫 S59 福本太一郎 S60
河島 巌 S60 松本裕敦 S60
東 貞成 S60 奥田 徹 S61
水上智幸 S60 兎束哲夫 S62
井手淳一 S60 伊藤栄彦 S32
池田拓郎 S60 柳川邦衛(藤田) S33
角銅剛太 S60 片岡 隆 S34
有賀文威 S63 飯塚文夫 S34
青木貴行 H06 弓削純一 S34
高木孝昌 H10 加島鐐司 S36
太田充俊 H10 野末明世 S36
向井佑輔 H15 安藤浩一 H03
寺田一智 H15 佐々木馨 H05
古閑善丈 H16 結城安浩 H06
黒田英佑 H18 鈴木啓央 H06
松浦 一 H06
新井琢也 H06
細谷岳男 H06
大内 啓 H07
小林秀顕 H08
塚内智洋 H24

 

~北寮集まれ!~ ホームカミング大会二次会『北悠会』のご案内

~北寮集まれ!~ ホームカミング大会二次会『北悠会』のご案内

 

今年もホームカミング大会終了後に、恒例の北寮卒塾者の集まりである「北悠会」の宴を下記により催します。

北寮OBの皆様、お誘い合わせのうえぜひご参集ください。

 

今回のホームカミング大会の主幹事は昭和59年卒の塾友です。

式典に続いて、女優の松坂慶子さんの朗読劇があります。

北寮の主幹事は、懇親会の企画と運営を担当しております。

 

北寮現役塾生の参加も歓迎しますので、参加をお待ちしております。

 

 

◇ 日時:  平成26年10月25日(土) 午後3時30分ごろから

※ ホームカミング大会終了後となります。

◇ 参加費:  4000円 (現地会場で徴収します。)

※ 北寮現役塾生は無料です。

◇ 場所:  お料理「いり江」

住所: 豊島区高田1-36-21

電話: 03(3981)5463

※ 和敬塾から、目白通りを目白駅へ向かって左側です。

< 「高田一丁目」の信号のすぐそば、「鬼子母神」参道入口の向かい側、目白駅方面のバス停「鬼子母神前」の近くです。 >

○ 連絡先:

・ 幹 事  富田康行(S46北) 携帯: 090-1582-4489

第25回ホームカミング大会を10月25日(土)に開催!

ホームカミング大会は今年で25回目を迎えます。主幹事を昭和59年卒の塾友が務め、例年通り10月の最終土曜日、25日に開催します。

テーマは、『和敬塾は「まほろば」、今一度 心に和敬塾を!

素晴らしい場所、住みよい場所の意を、古語「まほろば」に込めました。

そして今年は、女優・松坂慶子さんに朗読劇を演じてもらうことになりました。額田王に扮した松坂さんが「古代の衣装」を身にまとい、大講堂に登場します。和敬塾向けの特別公演とすべく、準備を始めたところです。

松坂さんは、「和敬塾で、今回、朗読劇をさせていただく機会をいただき、ありがとうございます。愉しんでいただけましたら幸いです」と、目白台の和敬塾訪問と公演を楽しみにされております。

午後は、いつものように本館前庭でのガーデンパーティーを予定する。前回は台風接近という荒天のもと、大食堂で空間も時間も濃密なひと時だった。この秋はぜひ、爽やかな外気にふれる歓談の場となれば」と願っております。

日本を代表する女優の特別公演という華やかな催しが加わったホームカミング大会に、ぜひ、奥様や家族連れで参加してください。

また、59年卒各寮の皆さん、まさかの松坂慶子さんご来塾という展開に、人出が大幅に足りません。秋本番へ、お手伝いをお願いします。

森本雅司(S59西)記

○   朗読劇「額田王と吉野」(和敬塾特別版)とは…

額田王(ぬかたのおおきみ)の生年は諸説あるが、舒明・皇極・孝徳・斉明・天智・天武・持統の7代の天皇の時代を生き抜いた女性とされる。大化の改新から壬申の乱を経て飛鳥や藤原京の造営に至った激動の時代の宮廷歌人だった。

その晩年は、吉野行幸を度々繰り返した持統朝に重なり、宮廷歌人の地位は柿本人麻呂に取って代わられていた。

人生の苦楽、愛の気高さや移ろいやすさも知った額田王のもとに、吉野入りしていた皇子から手紙が届く。額田王は問わず語りに、自らの半生を語り出すのであった。

この朗読劇は、原作「額田王と吉野 古(いにしえ)に恋ふる鳥」(書肆アルス刊、著者は上野誠・奈良大教授・S59北)を、松坂慶子さんが演じている。

奈良県吉野町で初演、東京・よみうりホールで東京公演を行い、今年6月には愛知県豊田市公演などが予定されている。

本来は、朗読する松坂さんのほか子役、尺八、筝・十七弦などが脇を固める。ホームカミング大会では、松坂さんと、弦楽器の伴奏を予定しており、和敬塾公演の特別バージョンとすべく、準備を進めている。

 

松坂慶子さん

 

 

[ 写真は、奈良県吉野町教育委員会様からご提供いただきました。]

[ 松坂慶子(まつざか・けいこ)さん経歴 ] 1969年に映画デビュー。81年「青春の門」、「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞。翌年「蒲田行進曲」で連続受賞。90年「死の棘」がカンヌ国際映画祭グランプリと国際批評家連盟賞の二冠に、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞も。
 近年の主な作品は、映画「犬神家の一族」(06年)、「武士の家計簿」(10年)、「綱引いちゃった!」(12年)、NHK大河ドラマ「篤姫」(08年)、火曜ドラマ「マドンナ・ヴェルデ」(11年)、土曜ドラマ「キルトの家」(12年)、ドラマW「チキンレース」(13年)、フジテレビ「長谷川町子物語~サザエさんが生まれた日」(13年)など。

◎  新保実行委員長ご挨拶 「記憶に残る大会に!」

第25回ホームカミング大会の実行委員長となりました。

来年は「塾父・前川喜作翁の生誕120周年」と「和敬塾創立60周年」という節目の年を迎えます。

その前年にあたり、年初の記念イベント「和敬ニューイヤーコンサート」を嚆矢として、秋のホームカミング大会も記念イベントの一翼を担いたいと考えております。

そのためにも、本年の実行委員は、「記憶に残る、元気の出る大会」にするべく、精一杯頑張っていきます。是非皆様のご支援・ご参加を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

第25回ホームカミング大会実行委員長 新保英樹(S59年西)

2013年 第24回ホームカミング大会のご報告

第24回ホームカミング大会のご報告

第24回ホームカミング大会は、お陰様で盛況に終了することができました。
台風も予想され,当日朝でもどう移るか曖昧な天候の中、遠くからも多くの参加を頂き、幹事一同感謝致しております。 本当に有難うございました。

塾友の皆様、和敬塾スタッフの皆様、実行委員会の皆様、ご協力ありがとうございました。

悪天候にも関わらず、参加人数:182名(御来賓:3、南寮:55、北寮:69、西寮:48、東寮:4、家族:3)、卒塾50周年にあたるS38卒塾生とそのご家族
21名の先輩方を迎え、講堂や食堂を中心に、和やかな和やかな雰囲気の中で1日のプログラムを進められました。 詳しくはコリー新聞新年号の記事で紹介されます。

塾友会ホームカミング

塾友会ホームカミング

また来年是非お帰り下さい!

PS:関連写真は別途、HPに掲載致します。
また今回のアルバムDVDにも要所を掲載致します。

2013年 『北悠会』の宴、盛大に開催!

『北悠会』の宴、盛大に開催! 

 

北寮卒塾者の集まりである「北悠会」の宴が、今年も10月26日(土)のホームカミング大会終了後に豊島区高田にあるお料理「いり江」で開催された。

午前中の大雨が嘘のように上がり三々五々に集合。関所番の柴田、堀江、高橋の三氏が手堅く会費を徴収。木内先輩による一回目の乾杯を皮切りに、まとまった人数が来たところで都合4回の乾杯を行い、池田先輩、青木先輩から差し入れとしていただいた高級ワイン、高級焼酎などを堪能して懇親の輪を拡げた。北寮の現役塾生6名も参加。塾生の自己紹介に大いに盛り上がった。

 

 

北悠会2013

 

 

宴たけなわのなか、後片付けを終えたホームカミング大会実行委員の昭和58年卒組と来年の実行委員となる昭和59年卒組も駆けつけ、今年のお礼と来年の抱負を述べた。

名残惜しいところで、老壮中青が世代を超えて肩を組み北寮ミュージカルの唄を斉唱し、来年の再会を期して青木先輩の一本締めによりお開きとなった。

北悠会2013_2

 

 

[ 参加者 ]  石井健三、木内正二(以上S34)、細谷昌平(S37)、谷口昌史、三宅章介(以上S38)、池田泰雄(S39)、青木邦夫(S40)、岡田秀紀(S41)、富田康行(S46)、

柴田恭秀、堀江哲夫(以上S47)、高橋功二(S49)、冨永嘉文(S50)、村松達雄、若林弘之、栗沢定義(以上S58)、田村幸永、那須洋一、松岡正樹、山田泰司、吉宮由真、(以上S58)、竹下努、武田佳典、前田裕造(以上S59)、荒谷尚志(H06)、宗田楠興(H07)、太田充俊(H10)、福田武教(H15)、古閑善丈(H16)〈 塾生 〉一柳龍太郎、中沢修之、山本潤、横山慎太郎(以上4年)、竹内元基(3年)、三根健太郎(2年)

 

(富田康行記)

第24回ホームカミング大会の進行プログラムの件

第24回ホームカミング大会の進行プログラムを下記のようにお示し致します。

皆様の御参加を心よりお願い致します。

塾友同士、お誘いあわせの上、御出席宜しくお願いいたします。

                 HC実行委員会

第24回 和敬塾ホームカミング大会 プログラム

  • 日時 : 平成25年10月26日(土)9:30受付開始
  • 場所 : 和敬塾 講堂および庭園 (雨天時:庭園⇒食堂)
  • テーマ:「スイッチ・オンで世界が変わる 和敬の遺伝子」

第1部 式典  10:30 於講堂

  • 開会     司会 長谷川俊太郎(S58西)
  • 物故者追悼
  • 主催者挨拶         実行委員長 北浦正人(S58南)
  • 祝辞    和敬塾塾長 前川昭一
  • 塾歌斉唱

第2部 記念講演        11:00 於講堂

  •  「今こそ日本人の出番だ 逆境の時こそ「やる気遺伝子」はオンになる」
  • 講師 村上和雄-筑波大学名誉教授

第3部 懇親会 13:00 於庭園(雨天の場合は食堂)

  • 開会        平見勇雄(58北)
  • 主催者挨拶  塾友会会長 小野正人(S49南)
  • 来賓代表挨拶 卒塾50年塾友 中村陽一(S38南)
  • 乾杯        和敬塾専務理事 岩崎嘉夫(S43北)
  • 祝宴              祝電披露
  • 塾友会支部代表 挨拶
  • 大抽選会
  • 東京ドーム ビールガールズ
  • 来年の決意表明       S59卒塾代表者 田村幸永(S58北)

        閉会  15:00

記念講演 講師プロフィール

村上和雄 氏 筑波大学名誉教授

  • 1963年  京都大学大学院博士過程終了
  • 1963年  米国オレゴン医科大学生化学教室研究員
  • 1976年  米国バンダビルト大学医学部助教授
  • 1978年  筑波大学応用生物化学系教授
  • 1996年 日本学士院賞受賞
  • 1999年  筑波大学名誉教授

 

1983年に、高血圧を引き起こす原因となる酵素「ヒト・レニン」の遺伝子解読に世界で初めて成功。世界的に有名なパスツール研究所やハーバード大学を抑えての快挙であった為、一躍注目を集める。

この時、「読めたのはいいが、書いたのは誰だ」とサムシンググレートの存在を確信。以来、生命の神秘と謎の世界のとりこになってしまった。

遺伝子の暗号を一番初めに書いたものの正体を一生かけて追い求め探り当ててみたいという衝動にとり付かれてしまった。

科学に身を置きながら、哲学、宗教、宇宙観をも包み込む独自の世界観を展開。現在「心と遺伝子の研究会」で更に研究を深めている。

 

村上先生の主な著書

 

  • 「生命(いのち)の暗号」        サンマーク出版
  • 「スイッチ・オンの生き方」       致知出版
  • 「人を幸せにする「魂と遺伝子」の法則」 致知出版
  • 「人生の暗号」             サンマーク出版
  • 「生命(いのち)のバカ力」       講談社
  • 「遺伝子オンで生きる」         サンマーク出版
  • 「笑う!遺伝子」            一二三書房
  • 「そうだ!絶対うまくいく!」      海竜社

以上

ホ-ムカミング(10/26) 南寮2次会のお知らせ

ホ-ムカミング南寮 2次会のお知らせ


日時:平成25年10月26日(土) PM4:00~
場所:海鮮居酒屋 はなの舞 護国寺店
講談社の隣(和敬塾側)です。
http://r.gnavi.co.jp/g192810/map/

参加費:4000円(お店で徴収させて頂きます)

幹事:三角健次(S58南)

北寮集まれ!ホームカミング大会二次会『北悠会』のご案内

~北寮集まれ!~ ホームカミング大会二次会『北悠会』のご案内

 

今年もホームカミング大会終了後に、恒例の北寮卒塾者の集まりである「北悠会」の宴を下記により催します。

北寮OBの皆様、お誘い合わせのうえぜひご参集ください。

北寮現役塾生の参加も歓迎しますので、参加をお待ちしております。

 

 

◇ 日時:  平成25年10月26日(土) 午後3時30分ごろから

※ ホームカミング大会終了後となります。

◇ 参加費:  4000円 (現地会場で徴収します。)

※ 北寮現役塾生は無料です。

◇ 場所:  お料理「いり江」
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13026381/

住所: 豊島区高田1-36-21

電話: 03(3981)5463

※ 和敬塾から、目白通りを目白駅へ向かって左側です。

< 「高田一丁目」の信号のすぐそば、「鬼子母神」参道入口の向かい側、目白駅方面のバス停「鬼子母神前」の近くです。 >

○ 連絡先:

・ 幹 事  富田 康行 (S46北)

 

平成25年 第24回ホームカミング大会 開催のお知らせ

**************************************************
第24回ホームカミング大会 開催のお知らせ
実行副委員長 田村幸永(北58)

既に塾友会新聞等ででお知らせ致しておりますが、今年のホームカミング大会は、10月26日(土)に開催いたします。
幹事一同頑張って開催を盛り上げていきますので、御周知のほど宜しく御願い申し上げます。

別途、本ホームページにても、詳細を紹介させて頂きますので宜しくご期待お願い致します

尚、何か御用件ありましたら、tam@p-rism.nir.jp(本人)までお願い致します。
**************************************************

「和敬塾五十年を紡ぐ塾友の歴史アルバム」プロジェクトへのご協力のお願い

 

塾友の皆様

第24回和敬塾ホームカミング大会 DVD50年アルバム作成委員会

委員長 竹下 栄二

 

「和敬塾五十年を紡ぐ塾友の歴史アルバム」プロジェクトへのご協力のお願い

 
2013年のホームカミング大会は、
「和敬塾五十年を紡ぐ塾友の歴史アルバム」のDVD制作を目玉にしようと考えております。

 

五十年後の塾生はどんな若者だろう、彼らは百年前の塾生をどう想像するだろう、
写真や動画にエピソードをつけて彼らにタイムカプセルを送りたい。

 
今の塾生、若い塾友はすでに喜作塾父を知らない。
卒業して30年の我々も、和敬初期の塾生がどのように学生生活を送ったのか興味がある。

高度成長期、バブル、そして20年以上続くデフレの時代にどのように塾友が過ごしてきたのか、
多くの塾友に聞いてみたい。

和敬を巣立った塾友が、仲間や家族と撮った写真や動画を、思い出の文章を加えて実行委員会まで送ってほしい。

10万枚でも、20万枚でもDVDに収めアルバムとし、塾友みんなに見てほしい、未来の塾生への記録としたい、
そんな思いで企画しました。

 

できるだけ多くの塾友に投稿してもらい、多くの塾友に配布(実費程度)しようと考えています。

 

和敬塾と塾友会のデジタルアーカイブのひとつになればと思っています。
まずは写真をたくさん集めたいのでぜひ皆様のご協力を。
この機会にぜひ秘蔵写真や、今だから話せるエピソードをお寄せください。

また、お手伝いいただける方誰でも大歓迎です。

 

DVDアルバムに収録する写真、エピソード大募集!

 

データを送る場合

 メールに添付して jukuyukai.homecoming@gmail.com

にお送りください。

 

写真の実物、ネガを送る場合

塾友会事務所までお送りください。

〒112-0015 東京都文京区目白台1-21-2

和敬塾内 塾友会本部事務所気付 「2013HC DVDアルバム係」

*返信用の切手を貼った封筒を同封していただければ、データ化の後、お返しいたします。

 

写っている塾友・家族・友人の氏名を別紙に記入してくださると助かります。

写真の説明をメールやお手紙に記してください。アルバム内に記載します。

塾友全員の投稿を期待しています。

動画も受け付けています。

 
以上

平成25年ホームカミング大会実行委員会引継会のお知らせ

平成25年「ホームカミング大会実行委員会引継会」開催のご案内

 

平素より塾友会活動にご協力いただき厚くお礼申し上げます。

平成25年10月に開催される「第24回ホームカミング大会」の当番幹事年度の皆様に、
ホームカミング大会実行委員会引継会の開催についてご案内申し上げます。

平成24年10月27日の大会では、第24回大会の主幹事年度である昭和58年卒の代表から力強い決意表明がありました。

第24回大会実行委員会の主幹事以外の当番幹事年度は、
昭和38年卒、同48年卒、同58年卒及び平成5年卒、同15年卒の塾友並びに平成25年卒予定塾生の皆様です。

つきましては、前回大会から第24回大会への「新旧実行委員会引継会」を下記により開催しますので、
主幹事および当番幹事年度の皆様には奮って参加いただくようお願いいたします。

この機会を活用して、全国の貴同期にお声を掛け結束を高めていただければ幸いに存じます。

また、当日は引継会終了後、恒例の「新年賀詞交歓会」を開催しますので、
こちらにもぜひ参加いただきますよう併せてご案内申し上げます。

 

 

◇ 日 時: 平成25年1月13日(日) 11時より

① ホームカミング実行委員会引継会 11時~12時30分

② 新年賀詞交歓会         13時~14時30分

 

◇ 場 所:

① ホームカミング実行委員会引継会 和敬塾 学生ホール2階 「第2教室」

② 新年賀詞交歓会         和敬塾 学生ホール1階 「会食室」

 

◇ 賀詞交歓会会費: 2000円

 

以上

第23回ホームカミング大会のご報告

第23回ホームカミング大会は、お陰様で盛況に終了することができました。

塾友の皆様、和敬塾スタッフの皆様、実行委員会の皆様、ご協力ありがとうございました。

参加人数:229名(ご来賓:7、南寮:80、北寮:79、西寮:60、東寮:3)

卒塾50周年にあたるS37卒塾生27名の先輩方を迎え、講堂や目白の森に笑い声が響く和やかな

雰囲気の中で1日のプログラムを進められました。詳しくはコリー新聞(新年号)の記事で

紹介されます。また来年会いましょう!

 

スナップ写真はリンク先よりダウンロードできます。

http://bit.ly/Y49b1x

パスワード : mejirodai

 

 

第23回ホームカミング大会参加者一覧

~北寮集まれ!~ ホームカミング大会二次会『北悠会』のご案内

今年もホームカミング大会終了後に、恒例の北寮卒塾者の集まりである「北悠会」の宴を下記により催します。
北寮OBの皆様、お誘い合わせのうえぜひご参集ください。北寮現役塾生の参加も歓迎しますので、参加をお待ちしております。

日時
平成24年10月27日(土) 午後3時30分ごろから
※ ホームカミング大会終了後となります。
参加費
4000円 (現地会場で徴収します。)
場所
お料理「いり江」
住所: 豊島区高田1-36-21
電話: 03(3981)5463
※ 和敬塾から、目白通りを目白駅へ向かって左側です。
< 「高田一丁目」の信号のすぐそば、「鬼子母神」参道入口の向かい側、目白駅方面のバス停「鬼子母神前」の近くです。 >
連絡先
幹 事  富田 康行 (S46北) 携帯: 090-1582-4489

2012年ホームカミング大会の出欠連絡

2012年ホームカミング大会の出欠連絡はお早目にお願いします!
8月のコリー新聞にホームカミング大会の出欠票が同封されています。
忘れずに返信してください。多数のご参加をお待ちしています。
今年の目玉は記念講演の「体感する万葉集」と豪華景品の抽選会です。

第23回 和敬塾ホームカミング大会 プログラム

日時
平成24年10月27日(土)9:30受付開始
場所
和敬塾 講堂および庭園(雨天の場合は食堂)
テーマ
「集まろう!今こそ再び 和敬のこころ」

第1部 式典

10:30 於講堂

開会  司会 古川 泉(S57西)
物故者追悼
主催者挨拶  実行委員長 四方田 隆(S57北)
祝辞   和敬塾塾長 前川昭一
塾歌斉唱

第2部 記念講演

11:00 於講堂

「足元を見つめるために-今、古典を読むということ-」
講師 上野誠(S59北)開会  司会 古川 泉(S57西)

第3部 懇親会

13:00 於庭園(雨天の場合は食堂)

開会
主催者挨拶  塾友会会長 小野正人(S49南)
祝辞   和敬塾塾長 前川昭一
来賓代表挨拶   卒塾50年塾友 細谷昌平(S37北)・ボランティア塾生代表
乾杯  和敬塾専務理事 岩崎嘉夫(S43北)
祝宴  塾友会支部代表 挨拶
     「目白でゲット」(記念品抽選会)
来年の決意表明  S58卒塾代表者
閉会 15:00

記念講演 講師プロフィール

上野誠(S59北)
現在、奈良大学文学部 教授(国文学科)。博士(文学)。
1960年、福岡県生まれ。国学院大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得満期退学。

著書『古代日本の文芸空間-万葉挽歌と葬送儀礼』(雄山閣出版)、『万葉びとの生活空間-歌・庭園・くらし-』(塙書房)、 『芸能伝承の民俗誌的研究-カタとココロを伝えるくふう-』(世界思想社)、
『大和三山の古代』(2008年、講談社)、『万葉びとの奈良』(2010年、新潮社)、『よしのよく見よ』(2011年、角川学芸出版)、『万葉挽歌のこころ-夢と死の古代学-』(2012年、角川学芸出版)など多数。また、近年執筆したオペラ『遣唐使』の脚本も好評を博している。

万葉文化論を標榜し、ユニークな視点とソフトな語り口で人気上昇中の若手万葉研究者。MBSラジオ「上野誠の万葉歌ごよみ」やNHKラジオ「ないとえっせい」などにより、『万葉集』を学ぶことの楽しさを、多くの人びとに伝えている。
研究のテーマは、万葉挽歌の史的研究と、万葉文化論。第12回日本民俗学会研究奨励賞受賞(1992年、日本民俗学会)。第15回上代文学会賞受賞(1998年、上代文学会)。
第7回角川財団学芸賞受賞(2009年、角川財団)。歴史学や考古学、民俗学を取り入れた万葉研究で、学会に新風を送っている。

モットーは「体感する万葉」

主な著書
• 1997年 古代日本の文芸空間 万葉挽歌と葬送儀礼 雄山閣出版
• 1998年 風呂で読む万葉挽歌 世界思想社
• 2000年 万葉びとの生活空間 歌・庭園・くらし 塙書房:はなわ新書
• 2001年 芸能伝承の民俗誌的研究 カタとココロを伝えるくふう 世界思想社
• 2002年 万葉にみる男の裏切り・女の嫉妬  生活人新書:日本放送出版協会
• 2002年 みんなの万葉集 響きあう「こころ」と「ことば」 PHP研究所
• 2004年 万葉体感紀行 飛鳥・藤原・平城の三都物語 小学館
• 2006年 おもしろ古典教室 ちくまプリマ新書:筑摩書房
• 2007年 万葉びととの対話 <シリーズこころをよむ>日本放送出版協会
• 2008年 大和三山の古代  講談社現代新書
• 2008年 魂の古代学-問いつづける折口信夫 新潮選書
• 2010年 万葉びとの奈良 新潮選書
• 2011年 国文科へ行こう! 明治書院
• 2011年 よしのよく見よ 角川学芸出版
• 2012年 万葉挽歌のこころ-夢と死の古代学- 角川学芸出版

第21回HC大会、台風を吹き飛ばす熱気

「共生への新たなる一歩」をテーマに第21回HC大会が10月30日(土)、和敬塾で盛大に開催された。式典では、この日のために一年間、準備を進めてきた実行委員を代表し、
田上賢治実行委員長(55南)が「懐かしい目白の杜へお帰りなさい」と心をこめてあいさつ。塾友たちが人生と将来を語り合った寮生活の時代に戻って交歓していただく珠玉の時間を共にする熱い思いを語った。

この後、塾友で日本のロボット工学研究をリードする早稲田大学理工学術院教授・高西淳夫氏(55西)がパワーポイントを使って記念講演。

続く懇親の宴では、前川昭一塾長らを交えて鏡割りや、初めての趣向の全員参加型「じゃんけん大会」も華やかに行われ、折からの雨台風を吹き飛ばす参加者の歓声が、大食堂にいつまでも響いた。

塾友会50周年記念・第20回HC大会

和敬塾塾友会50周年記念・第20回ホームカミング大会は、平成21年10月31日、大勢の塾友が家族を伴い、懐かしの我が家「目白の杜」へ駆け付けた。
例年をはるかに上回る5百名を超える塾友・ご家族にご参加いただいた。

大勢の皆様からご挨拶を頂き、記念コンサートが行われた。(コリー新聞新春号に詳報)

10月31日(土)に50周年記念HC大会(目白)

10月31日(土)和敬塾

9時 受付開始:会費5千円・家族無料 新西寮・新北寮の見学ツアー

9時30分から講堂へ入室

10時式典開始(10時半まで)

10時半から12時半まで記念コンサート(途中で15分間の休憩あり)

13時懇親会開会(中庭)(雨天の場合は食堂及び2階教室)

15時閉会

◆ オーケストラ演奏中の講堂の入退場、および一切の撮影、録音は禁止となります。携帯電話の電源も切って頂く様、ご協力を宜しくお願いします。

盛大に第19回HC大会

「目白台から広がる新たな絆」をテーマに、平成20年10月25日(土)第19回ホームカミング大会は、和敬塾で盛大に開催された。
式典では、加藤知紀委員長、来賓の前川昭一塾長が挨拶。昭和33年卒塾(卒塾50年)の塾友が壇上で紹介された。
東京海上日動火災保険株式会社社長である隅修三氏(前塾友会会長)が「グローバルな競争と日本人」と題して講演、塾友講師3氏招いての分科会も行われた。懇親会では、恒例の福引大会も盛り上がった。

(詳報はコリー新聞1月号で)

関西支部主管全国ゴルフ、9月12,13日

田中栄一郎関西支部長が、HC大会の式典の席上挨拶した。田中氏は同支部が全国各支部の第一号として結成され、今年7月、奈良支部との再合同の節目を迎えまた、
塾友会発足50周年を迎える21年、記念すべき全国ゴルフ大会を関西支部主管により、21年9月12・13日(土・日)大津プリンスホテル、瀬田ゴルフコースで開催することを宣言し、多数の塾友に参加を呼びかけた。

ホームカミング実行委員会準備報告

記念講演

隅 修三氏(S45北) 東京海上日動火災社長

分科会

日本画家 岸野圭作画伯(S51南)

指揮者  齊藤一郎氏(H4西)

京都大学 千木良雅弘氏(S53北)

に決定

10月25日(土)に予定されている、第19回ホームカミングでの講演者が、表記のように決定しました。東京海上日動火災の隅社長は 昨年度までの塾友会会長でもあり現役の大手損害保険会社のトップとしてご活躍されています。貴重なお話を拝聴できるものと思います。

また、分科会に参加いただける三氏はそれぞれの分野でユニークなご活躍をされています。講演という形ではなく、セミナーの形で意見交換できるように企画いたします。昨年度からのテーマである「人生ドラマの掘り起こし」から、一歩進めた形で「目白台から広がる新たな絆」を、テーマに、
いろいろな分野でご活躍されている塾友のお話を聞く機会を作ることができました。日頃、忙しい毎日を過ごしている塾友にとっても、和敬塾という同じ遺伝子を持った塾友から興味あるお話が聞けるものと思っています。ぜひ、ホームカミングに、お越しください。

また、すでに全国に設立されている各支部を積極的にアピールしていただく機会を設けます。参加される皆様に、各地に塾友会支部があることをご理解いただき、転勤や帰省の際には地方との絆を、もっと深めていただく糧にしていただけるものと信じています。

各支部には 各地方のご自慢の名産品を福引賞品として、ご提供いただく予定です。

10月25日は ホームカミングに、一人でも多くの塾友に参加いただきたいと思います。

(ホームカミング大会実行委員 中岡宏友 記)

和敬文化展も並行し開催

10月27日(土)、和敬塾で第18回ホームカミング大会が盛大に開かれた。式典では、田中省吾実行委員長、前川昭一塾長の挨拶に続き、塾友3氏が健康などをテーマに連続講演した。

懇親の部では、隅修三塾友会長らが加わって鏡割りをし、大勢の塾友が旧交を温めた。また、26、27日は本館で、和敬文化展も開催された。(詳細は、次号コリー新聞で)

ホームカミング大会 盛大に挙行 和敬文化展も並行し開催

10月27日(土)、和敬塾で第18回ホームカミング大会が盛大に開かれた。式典では、田中省吾実行委員長、前川昭一塾長の挨拶に続き、塾友3氏が健康などをテーマに連続講演した。

懇親の部では、隅修三塾友会長らが加わって鏡割りをし、大勢の塾友が旧交を温めた。また、26、27日は本館で、和敬文化展も開催された。(詳細は、次号コリー新聞で)