FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 塾友会 本部
  4. >
  5. その他行事
  6. >
  7. 「塾友会ホームページの活用について」 副会長 八尾和夫(ホームページ検討委員会委員長)

「塾友会ホームページの活用について」 副会長 八尾和夫(ホームページ検討委員会委員長)

塾友会ホームページの活用について

 

副会長 八尾和夫(ホームページ検討委員会委員長)

 

皆さんこんにちは。塾友会副会長の八尾和夫です。

現在、塾友会本部では、小野会長指揮の下、財政再建問題はじめ、塾友会が抱えるいくつかの中長期的な課題について委員会を設置して検討を進めており、私のところでは、ホームページのさらなる活用に関しての議論を進めているところです。

現在、塾友の皆さんに塾友会活動に関する情報を提供する手段としては、「コリー新聞」と「塾友会ホームページ」がありますが、それぞれの良さを活かしながら、より効果的に情報を発信していきたいと考えています。

コリー新聞は、ホームページとは異なり自らアクセスしない人にも情報を届けられるほか、編集力を通じ情報発信サイドの意図をビジュアルに伝えられるというメリットがあります。

一方、ホームページは、何と言っても速報性という大きな特性を有しておりますし、また双方向性をうまく活用することもできるのではないかと考えております。

ホームページ検討委員会では、塾友会ホームページの基本コンセプトを次のとおりとし、これの実現に向けて少しずつでも歩を進めて行きたいと考えております。

 

一、 塾友が自発的に参加するコミュニケーションの新たな場

一、 塾友に塾友会活動をより知ってもらうツール

 

幸い、現在の塾友会ホームページは、先人の努力により、インフラとしては相応に整備されておりますが、コンテンツが十分でないことが最大の悩みです。

そのためのひとつとして、塾友の皆さんに是非、遠慮なく様々な情報をお寄せ頂きたいということです。

例えば、コリー新聞に掲載されている支部報告以外に、同期会やミニイベントの開催情報・結果報告、あるいは「懐かしい塾友に会いました!」などなど、ことの大小にかかわらず気軽に投稿頂ければ、塾友便りといった形で掲載していきたいと思います。

(投稿先メールアドレス:wakei4world@gmail.com )

一方、本部からは、塾友会活動に関する情報を出きるだけタイムリーに提供できるよう工夫を凝らし、ホームページを見れば塾友会活動の大枠が分かり「塾友会は何をやっているのかわからない」というような塾友の声にも応えていきたいと考えており、現在、広報部を中心に出来るところから取り組みを始めております。

「コンテンツの充実 ⇒ アクセス数の増加 ⇒ ホームページの存在価値向上 ⇒ さらなるコンテンツの充実」といったかたちで、ホームページを巡る好循環がもたらされるよう頑張っていきたいと思います。

皆様のご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

ご参考

最近における塾友会支部幹部の交代情報

北陸支部長 加茂隆夫(西S45) ⇒ 森本栄史(南S52)

北陸支部幹事長 油田和彦(北S52)⇒米村哲(北56)

中国支部長  近森新(南S39)⇒冨永嘉文(北50)

中国支部幹事長 田内裕千(南S49)⇒立野裕一(北S59)

 

ページのトップへ戻る