FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 塾友会 本部
  4. >
  5. 全国代表者会議
  6. >
  7. 松波新執行部がスタート

松波新執行部がスタート

平成20年5月31日(土)午後2時より、和敬塾学生ホール3階小講堂で、全国代表者会議が開催され、隅修三会長が率いた前執行部の後を受けて、松波寛氏(44南)を会長とする塾友会本部の新体制が承認され、スタートした。
4役は、松波会長ほか、副会長に羽田野忠彦氏(44北)、松村芙二夫氏(44西)、近森幹氏(44南)。幹事長に長澤周一郎氏(45南)、副幹事長に富田康行氏(46北)が就任した。同会議には、同期会代表幹事、支部代表、本部役員、次期役員候補が出席。
会の冒頭、和敬塾の理事であり、塾友でもある岩崎嘉夫新専務理事から、新棟建設や和敬塾についての報告とともに、「これからの和敬塾と和敬学という考え」について所信の一端が述べられた。(詳報はコリー新聞次号)

続いて任期満了を迎える隅塾友会長より平成18・19年度の活動報告と決算報告が行われた。同報告に対して、質疑はなく承認された。さらに、松波寛次期役員候補の紹介があり、出席者により承認された。

松波新会長は「誠心誠意努めて参りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。」と挨拶。平成20・21年度の活動方針(案)と予算(案)の報告があり、承認された。続く、ホームカミング大会の紹介では、「地震」と「芸術」についての分科会の予定に、
主席者一同、顔がほころんだ。また、全国ゴルフ大会を企画担当する石川信介幹事と近森新中国支部長が挨拶。チャンピオンコースの紹介に、大会への期待も高まった。同会議より新執行部が発足。この後の懇親会に携わった。
懇親会は、隅前塾友会会長の「肩の荷がおり、ホッとしました。」との挨拶に始まり、盛会であった。川淵秀和前々会長のエールで閉会となった。続く新執行部の役員会で、新役員の顔合わせが行われた。


松波 寛新会長と新4役
(左から松村氏、羽田野氏、松波氏、近森氏、長澤氏、富田氏)

ページのトップへ戻る