FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 塾友だより
  4. >
  5. 名プロデューサーを偲んで (平成19年北寮卒 浅野克行)

名プロデューサーを偲んで (平成19年北寮卒 浅野克行)

大阪に向かっている。彼の訃報に接したのは3月。半年が過ぎてしまった。彼とは学生時代に和敬塾北寮で出会い、4年間苦楽を共にした。先輩に可愛がられ、後輩に慕われ、同輩に愛された彼は、今年の1月11日に命を落とした。

ラガーマンである彼は、体育祭で大活躍。そのごつい体と男気あふれるプレー で、柔道、綱引き、騎馬戦と、パワー系種目の第一人者となった。そしてよく飲んだ。我先にジョッキを手にし、決して強くはない酒を、仁王様みたいな顔をし てあおっていた。彼との飲み会は、いい思い出ばかりだ。

豪放磊落、と言いたいところだが、そうではないところに、彼の魅力がある。 ひとつひとつに真面目な人だった。こだわりも強く、洋服や家具など、身の回りのモノに人一倍の愛着を持っていた。同期の忘年会や学年旅行を何度も企画して は成功に導き、いつしか「P」というあだ名もついた。卒業の年には、塾友会幹事に満場一致で選出された。繊細で謙虚でマメにして、奥手。それが彼の勲章 だ。

こつこつまとめた同期会名簿をもとに、彼が年賀状を寄越してくれる。「明けおめ!まだまだ不定期勤務は続きます。今年もヨロ。」相変わらず圧の強いカクカクの字で。今年の正月は喪中だと丁寧に葉書をくれていた。

じゃーな、P。ジジイになったらまたくるわ。丹波路の 高き空みて カップ酒。合掌。

平成26年9月15日 浅野克行

ida

ページのトップへ戻る