FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 和敬塾塾友会会則

和敬塾塾友会会則

和敬塾塾友会会則

第1章   総  則
(名称)
第1条 本会は,和敬塾塾友会と称する。
2 本会の本部は,東京都文京区目白台1丁目21番2号に置く。
(目的)
第2条 本会は,和敬の基本理念のもとに会員相互の親睦と人格の向上をはかり,和敬塾及び社会の発展に寄与することを目的とする。
(事業)
第3条 本会は,次の事業を行う。
①会員名簿,会報の発行,ホームページの開設
②親睦会,研究会,講演会等の開催
③ホームカミング大会その他諸行事の開催
④和敬塾塾生に対する協力活動
⑤和敬塾の発展に寄与する活動
⑥社会の発展に寄与する活動
⑦その他前各号の目的達成に必要な活動

第2章   会  員
(塾友)
第4条 本会の会員を塾友と称し,和敬塾卒塾と同時に入会する。
2 和敬塾を中途退塾した者は,入会申込書を入会を希望する支部を通じて本部に提出し,本部役員会の承認を得て塾友となることができる。
(特別塾友)
第5条 和敬塾現旧役職員で本会に貢献のあった者は,本部役員会の承認を得て特別塾友となることができる。
(届出義務)
第6条 会員は,届出事項の内容に変更があったときは,速やかに管轄支部に届出なければならない。
2 前項の届出を受けた支部は,速やかに本部に報告しなければならない。
(会費納入義務)
第7条 会員は,第26条所定の年度会費を納入しなければならない。但し,特別塾友はこの限りではない。
(協力義務)
第8条 会員は,本会則を遵守し,平等の立場で本会の目的遂行のために協力しなければならない。
(退会)
第9条 会員は,本部に退会届を提出することにより,いつでも本会を退会することができる。

第3章   組  織
(本部役員)
第10条 本会に,次の本部役員で構成する本部をおく。
①会長     1名
②副会長  若干名
③幹事長 1名
④副幹事長 若干名
⑤会計監事   2名
2 会長は,本会を代表し,本会の会務全般を統括する。
3 副会長は,本会の会務を分掌して会長を補佐し,会長に事故がある場合には,互選により会長の職務を代行する。
4 幹事長は,本部役員会の決定に基づき,本会の会務全般を遂行する。
5 副幹事長は,幹事長を補佐し,幹事長に事故ある場合には,会長の指名により幹事長の職務を代行する。
6 会計監事は,別に定める「和敬塾塾友会会計規則」に則り本会の会計を監査する。
(任期)
第11条 本部役員は,全国代表者会議で選任する。
2 本部役員の任期は3年とし,再任を妨げない。但し,継続しては2期を限度とする。
3 本部役員は,その任期が満了した後であっても,後任者が選任されるまでの間は,引き続きその任に当たらなければならない。
4 本部役員が,その任期の途中に死亡,辞任その他の事由で欠けた場合,速やかにその後任を本部役員会で選任する。但し,後任者の任期は前任者の残期間とする。
5 前項の場合,直後の全国代表者会議で承認を得なければならない。
(本部役員会)
第12条 本部役員は,本部役員会を組織する。
2 本部役員会は,会長が招集し,会同その他適宜の方法で行う。
3 本部役員会は,次の事項を行う。
①全国代表者会議の議決事項の執行
②本会の財産の管理
③細則の制定
④次期会長候補の推薦
⑤特別委員会の設置
⑥顧問及びオブザーバーの設置
4 本部役員会は,本会の運営上の重要事項について,緊急やむを得ない場合には,全国代表者会議の議決を経ないで議決し執行することができる。但し,当該事項については,直後の全国代表者会議において承認を得なければならない。
5 本部役員会は,参加した本部役員の過半数をもって決定する。但し,可否同数の場合は会長の決するところによる。
(事務局)
第13条 本部役員会に事務局をおく。
2 事務局は,幹事長の命に従い本部の事務を管掌する。
3 事務局に,事務局長1名及び本部役員会が必要と認める部をおく。

4 部には,幹事若干名をおき,幹事長が委嘱する。
(特別委員会)
第14条 本部役員会は,特定の事項を審議させるため,第三者で構成する特別委員会を設置することができる。
2 特別委員会の委員は,本部役員会で選任し,会長が委嘱する。
(顧問等)
第15条 本部役員会は,顧問及びオブザーバーを設置することができる。
2 顧問は,本会の運営に関し助言を与える。
3 オブザーバーは,本会の運営上の重要事項に関する専門的知見に基づく助言,役務の提供を行う。
4 顧問及びオブザーバーは,本部役員会で選任し,会長が委嘱する。
(支部)
第16条 本会に支部をおく。
2 支部の組織,運営方法は,別に定める「塾友会支部規約」による。

第17条 (削除)

(連携義務)
第18条 本部及び支部は,第2条所定の目的達成に向け,相互に緊密に連携を図らなければならない。

第4章  全国代表者会議
(最高議決機関)
第19条 本会の最高議決機関として全国代表者会議をおく。
2 全国代表者会議は,毎年1回以上開催しなければならない。
(代表者)
第20条 全国代表者会議は,支部代表及び本部役員により構成する。
2 支部代表は,各支部から選出する。但し,本部役員である者は,支部代表に選出されることはできない。
3 支部代表の定員は,別に定める「塾友会支部規約」別表にいう首都圏支部につき10名,関西支部につき2名,その他の支部につき各1名とする。
(招集)
第21条 全国代表者会議は,会長が招集する。
2 会長は,支部総数の3分の1以上または全会員の10分の1以上の要求がある場合には,全国代表者会議を招集しなければならない。
(議決事項)
第22条 全国代表者会議は,次の事項を議決する。
①活動方針
②本部役員の選任,解任
③事業計画及び予算
④事業報告及び決算
⑤年度会費の額
⑥会則,規約の制定,改廃
⑦その他の本会の活動に関する事項
(議事)
第23条 全国代表者会議は,互選により議長,副議長及び書記をおく。
2 全国代表者会議は,議事録を作成しなければならない。
(定足数及び議決方法)
第24条 全国代表者会議は,代表者総数の2分の1以上の出席(委任状の提出があった場合を含む)をもって成立する。
2 全国代表者会議は,出席した代表者(委任状の提出があった場合を含む)の過半数をもって決する。但し,可否同数の場合は議長の決するところによる。

第5章   会  計
(会計準則)
第25条 本会の会計は,別に定める「和敬塾塾友会会計規則」によるものとする。
(収入)
第26条 本会の収入は,年度会費,寄付金,事業の収益金その他とする。
2 本部役員会は,年度会費の額を決定し,全国代表者会議の承認を得なければならない。
(会計年度)
第27条 本会の会計年度は,毎年9月1日に始まり翌年8月31日に終わる。
(会計監査)
第28条 会計監事は,別に定める「和敬塾塾友会会計規則」に則って会計監査を行い,その結果を本部役員会に報告しなければならない。
(会計報告)
第29条 会長は,予算,決算並びに前項の監査結果について,全国代表者会議で承認を得た上で,公告しなければならない。

第6章   補  則
(会則の改正)
第30条 本会則を改正するには,全国代表者会議に出席した代表者(委任状に提出があった場合を含む)の3分の2以上の賛成を要する。
(本部役員会への委任)
第31条 本会則に定められていない事項及び細則は,本部役員会が定める。

附  則
第1条 本会則は,平成26年10月26日から施行する。
第2条 和敬塾塾友会規約は廃止する。
第3条 本会則施行日前に行われた行為は,本会則に基づくものとみなす。

附  則
第1条 本改正は,平成27年11月1日から施行する(第1条関係)。

附  則
第1条 本改正は,平成28年10月30日から施行する(第11条第3項ないし第5項関係)。

附  則
第1条 本改正は,平成29年10月29日から施行する(第1条,第3条,第13条,第17条,第18条,第20条及び第21条関係)。
第2条 「塾友会同期会規約」は廃止する。

ページのトップへ戻る