FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 全国 各支部
  4. >
  5. 第44回関西支部ゴルフ会

第44回関西支部ゴルフ会

梅雨の晴間、6月4日(水)兵庫県は播磨の地にある「武庫ノ台ゴルフコース」において、第44回関西支部ゴルフ会が開催された。

この会は年4回の頻度で開催されており、早や11年間続いている歴史あるゴルフ会だ。この会は、開催当初より、大会世話人として瀬尾宏郎氏(34・南)と西祐作氏(37・西)両名の絶大なるご尽力により続いている。

今回は参加者13名、4組の小ぢんまりとしたゴルフ会ではあるが、和気あいあいとした雰囲気の中、9時15分のスタートで始まった。

この種のゴルフコンペでは、ダブルぺリア方式が多い中、この会は歴史のある会にも拘らず大会世話人のご努力により、ハンディキャップ(HC)方式である。と云うことは、

この方式ではより平等を期するため、数年に1回、HCの改正が行われ、常に新しいHCで競技が続けられているのである。

試合結果は、優勝者が何と7アンダーの99で回った小生であった。いかに今までの成績が悪かったかの裏返しであるが、次回のHCは21と云う二度と優勝が不可能なものとなった。

2位は、今回のベストグロスと云う栄冠を勝ち取った大会世話人の西祐作氏で、グロス91、ネット69と云う素晴らしいスコアだ。

3位は、萩野康哉氏(41・北)で、グロス106、ネット70であった。

競技には参加されなかった大会世話人である瀬尾氏は、わざわざ表彰式にご出席いただき、懇親会を盛り上げて下さった。

 次回の第45回大会は、9月24日(水)を予定しており、多くの方の参加を約し散会となった。皆様、ご苦労様でした。
江間範夫 〈記〉

関西支部ゴルフ写真

 

 

〈参加者〉 森篤(36・北)、森本欽公(36・西)、松井精朗(36・南)、中村信三(37・西)、西祐作(37・西)、比果雅次(37・西)高嶋定弘(37・南)、萩野康哉(41・北)、江間範夫(42・南)、田中榮一郎(42・北)、福田稔(43・西)、徳永明夫(44・北)、高松富博(45・北)

ページのトップへ戻る