FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 全国 各支部
  4. >
  5. その他支部
  6. >
  7. 第55回塾友会中部支部総会のご報告

第55回塾友会中部支部総会のご報告

55回塾友会中部支部総会、開催される

55回塾友会中部支部総会が開催された415日(土)は、春らしい、清々しい天気となった。

参加者は40名を超え、佐藤一義 和敬塾専務理事、梅村俊彦 ㈱前川製作所中部支店長、宮原洋一郎(51西)塾友会本部副幹事長、そして、関西支部からは生島啓二支部長代行(H5北)と田辺昌博幹事長代行(H11北)を来賓としてお迎えし、午前10時半、今辻三郎氏(35西)に差し入れ頂いた知覧茶を頂きながら、足立憲泰幹事長の司会により総会は始まった。

議事は円滑に進行し、昨年中部支部主管として開催された「全国ゴルフ大会」の結果をはじめ、報告事項の報告が恙なくなされ、また、城野雄博支部長(61南)以下の役員改選議案を含めて、議案は全て原案どおり承認可決された。

総会の締めは、岐阜大学生命科学総合研究支援センター特任教授 木内一壽氏(49西)による卓話。「ヒト脳の特徴」というテーマで、長年にわたる豊富なご経験を基に、ヒトの脳について、その進化の過程や機能に関する盛りだくさんのお話を頂いた。中でも「色々なことに挑戦したり、好奇心を持ち続けることによって、いつまでも脳は衰えない」との指摘は強く印象に残った。その際、年齢を重ねてなお若々しい、塾友会の先輩方の姿を思い起こしたのは、筆者だけではなかったと思う。

写真撮影を挟み、午後0時半より石田悠莉幹事(H19東)の若さ溢れる司会により懇親会が始まった。

食事とお酒が進むにつれて、話の輪はあちこちで広がり、盛り上がりを見せた。途中、何人もの方々よりスピーチを頂戴したが、中でも、衆議院議員 鈴木淳司氏(57西)による、今国会での重要法案の審議状況に関する話は大変興味深いものであった。また、今回初参加であった近藤俊樹氏(61南)と岡野将也氏(H23南)、そして、久々の参加であった加藤章太郎氏(H21南)からもスピーチを頂いた。皆さん異口同音に、和敬出身という縁で結ばれたこの関係を大切にしたいとの思いを述べられ、聴く側もまた同じ気持ちを抱いた。

懇親会の予定時間はあっという間に過ぎ、久野温士副支部長(60西)の主導により、全員での塾歌斉唱をもってお開きとなった(なお,来年の総会は,平成30421()開催予定である)。

第55回塾友会中部支部総会

(参加者)

梶浦義典(34南)、今辻三郎(35西)、片山紀弘(36南)、遠藤譲治(37西)、岩瀬紀彦(38西)、 工藤晃(39西)、青木邦夫(40北)、栗原直武(40北)、鈴木竑勝(40南)、田中秀治(40南)、大原康之(41西)、加藤豊(42南)、福島弘孝(42南)、鷲野洋治(43南)、杉田邦隆(43西)、服部徹也(45北)、櫻井一道(45西)、加藤丈人(46北)、石川洋光(47南)、木内一壽(49西)、式守道夫(50南)、小出茂樹(50北)、森山定幸(52西)、富田剛(52西)、伊藤伸久(56北)、丹羽正道(56西)、鈴木淳司(57西)、久野温士(60西)、城野雄博(61南)、近藤俊樹(61南)、足立憲泰(H1北)、乗末広志(H4北)、神谷俊一(H8南)、斎藤元英(H8西)、石田悠莉(H19東)、加藤章太郎(H21南)、岡野将也(H23南)

記:神谷 俊一

ページのトップへ戻る