FXってなんなの
  1. HOME
  2. >
  3. 全国 各支部
  4. >
  5. S56年北寮卒業生同窓会を開催

S56年北寮卒業生同窓会を開催

56年北寮卒業生から報告します。

 児玉兄の1年間の海外赴任終了を祝うため、同期11(下記)が神保町「弁慶」に集合しました。集まれば、話の中心はどうしても塾生時代のことになります。入塾年の塾祭フレッシュマンアワーでの恥ずかしい話、3年の塾祭演劇での「なぜ彼は化粧をして女役になりきり、かつまたそれに喜びを見出し得たか」な話、予餞会でのしんみりした話。先輩達のヤバイ話。また、今日参加できなかった同期生のこと、音信不通の同期生の消息(面川、谷、長崎、どうしてる?)などなど、他の学年同様、話は尽きませんでした。

そんな中、南目の放った一言「だけど俺たちの同期、誰も死んでないよな」は卒業後36年間の重みを全員が噛みしめる一瞬となりました。脱落者なく、ここまで来れたんだ、という安堵感、満足感、その他様々な思いが押し寄せてきた瞬間でした。

話は尽きず、あっという間に3.5時間が経ち、「名残り惜しいが次回また」という事になりました。次回は今年秋、U君の地元、石川の温泉に集まるという企画を立ち上げる事になっています。筆者は、半年後その報告をこの場でできればいいな、と思っております。

                                   -以上―

参加者:児玉明久、福井量一(幹事)、南目益男、綾部靖彦、逸見義行、卯野修三、

加藤千寿夫、国井達夫、高橋亮輔、中村誠也、米村哲()

ページのトップへ戻る