内ヶ崎氏が新支部長、鈴木氏が幹事長に(東北支部総会)

和敬塾東北支部総会は、平成19年12月14日(金)夕、ホテルメトロポリタン仙台「桃李」で11名が出席して開かれた。
役員改選で、昭和46年以来支部長・幹事長として東北支部を引っ張っていただいた高橋利通氏 石田宏寿氏が顧問に就任し、新たに内ヶ崎武邦氏が支部長に、鈴木邦彦氏が幹事長に選出された。
また、東北支部の活性化のため各県に幹事を置くことが承認され、欠席県の幹事については今後の中で交渉選出することが確認された。

開会に先立ち、高橋支部長より物故者に対する黙とうの提案があり、参加者全員で黙とうした。石田幹事長より18年度の活動報告があり、特に東北支部主幹の第20回塾友会全国ゴルフ大会が成功裏に終了したことが説明された。(詳報は次号コリー新聞で)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください